山桜のホテル日記

長男中2野球部、部活か旅行で悩む休暇(笑)

サムイ&シンガポール(2013 年春休み)

2013年春休み、
サムイ&シンガポールへ1週間いってきました。


飛行機はシンガポールエアライン361と362
羽田発の早朝便と羽田着23時の昼便

ユナイテッドのマイレージとアエロプランから合計27万マイルでビジネスクラス5名分。
ANAから3万前後のマイルでエコ1名分。
6名全員特典旅行\(^O^)/。ありがたいです。

5名分のサーチャージ無くてよかったね。

シンガポールとサムイ間は有償バンコクエアウェイズ。

シンガポールの乗り継ぎが7時間(笑)。


75才の両親が一緒なので有料ラウンジをキープ。

T2にある、SATS Premier Club Lounge。
ダイナーズクラブカードホルダーは無料。

制限時間なく、家族で交代で出入りして、下の階のプレイランドで遊んだり、鯉の池見たり、電車もどきに乗って遊びました。あと無料足マッサージと買い物。


75才両親が手ぶらで探検しに行こうとしていたので、(私達に○○ラウンジに帰る道を教えて下さい)と書いた紙を念のため渡したら、
案の定、迷子になり、
紙がなかったら永遠の旅人だったみたい(笑)


私と子供は
スカイビューラウンジとレインフォレストラウンジを見学&飲食ハシゴ。
どちらも飛行機が綺麗に見える窓があり、次男が喜んでいました。
ダイナーズクラブカードでどちらも入れたし、子供無料。
ダイナーズクラブカードあれば、プライオリティパスいらないかも。

スカイビューラウンジ、ダイナーズクラブカードのHPには12才未満利用不可ってあったけど、大丈夫なんだね。子供。
ここが一番居心地良さげ。

初のチャンギ空港でしたが、色々探索できて楽しかったです。


宿泊ホテルは
インターコンチネンタルバーンタリンガムサムイ3泊
Vana Belle Koh Samui(SPG系)2泊
Wシンガポール1泊


それぞれホテルチェーンごとの書庫に記事あり

台北動物園

柵が少ないので動物がよく見えました
83c01837167dc91c01s73c01837167dc91601s

台北で行った場所

(ホテル詳細はホテルブランド別の書庫へ)
シェラトン台北→W台北→シェラトン台北で3泊4日


朝ご飯で有名「阜杭豆漿」

マンゴーかき氷旧「永康15」ICE MONSTERと思慕情の2つのお店

「鼎泰豐」

士林夜市

猫空ロープウェイ&台北動物園(アジア最大級広い広い)

北投温泉 公共露天風呂 滝の湯(銭湯)温泉博物
はい。銭湯も水着着用のお風呂もトライしました。
熱いです。この温泉。地熱谷も行きました
加賀屋の日帰り入浴は3000円くらいだったのでヤメ。高すぎ!

Taipei101
子供は高い場所が好き

写真は
地熱谷
マンゴーかき氷
滝の湯(銭湯)
73c01e34167dc91f01sc3c01e34167dc91e01s73c01e34167dc91401s

シェラトン台北2泊目

S→W→の次はW(ウエスティン)かM(メリディアン)が普通?ですが、
私はS→W→Sとシェラトンと戻っちゃいました。

小さなスイートを指名買い

普通の部屋の2つ分ってだけであまりおもしろくなかった。

最上階のサウナの中に浴室があるので行ってみました。
大きなお風呂は気持ちがいい。
併設のジムのメンバーらしき地元おばさんが数人大きな声で話していました。

そうそう、夜は1階のビュッフェに行ったら、満席でした。木曜だったのにね。

朝はラウンジはヤダとわがまま母が言うので、
朝食は下の有料レストランビュッフェへ。
量がたくさんあって、おもしろかった。
その前に阜杭豆漿に行って「厚焼餅」など出来立てのパン類も買ってみちゃったりして。

写真は
お部屋
ラウンジ(初日とけっこう違うメニュー)
レストラン朝ごはん中央は阜杭豆漿で買ってきたネギはさんだパン
img_286892_31238834_081102227167dc91d0101102227167dc91201

W台北

2012年8月
11435台湾ドルにて宿泊。

普通のツイン

下には屋外プールもあります。
家族連れが泳いでいました。

74歳の母はお洒落なホテル♪っと大喜び。

朝食も量、質共にハイレベル。
今まで宿泊したホテルの中でもトップ3に入るかな。
大人1人2500円くらい。
ピザ、アイス、中華、ラーメン、なんでもあり。
ランチやディナービュッフェみたい。

母へ
ホテルの男性スタッフに向かって
「あら、カッコいいわね!あなただけでなく、こちらのホテルのみなさん、いい男ね♪」
と日本語で言って
私に訳してねってやめてください。
訳した後、
ホテルスタッフが
「サンキュー!!」と母に抱きついていました。
母大はしゃぎ。

小4長男へ
フレッシュオレンジジュースがでてくると
「げー!リアルオレンジジュース、にがっ!!ヤダ!」
ってイヤな顔するなよ。
あとWホテルのことを
「ちゃらいホテル」って表現は笑えた。
夜市に行って、屋台飯注文する私の横で
「くさー!!どうでもいいけど、ホテルに早く戻ってよ」
ってなんなの?
いいかげん屋台慣れしてくれ!!

写真はホテル室内
お部屋の窓から下の屋外プールをみたところ
e362d13167dc917017362d13167dc91701c362d13167dc91101

シェラトン台北

2012年8月
HND→TSA(松山空港)と台北に来ました。
TASからシェラトンまではタクシーで15分。200元(520円)
近いな。安いな。
携帯環境は空港の携帯電話カウンターで500元で4日間ネットし放題+有料通話の契約完了。
SIMの入れ替えからネットの設定までお兄さんがしてくれた。

宿泊はエグゼクティブフロアのツインを指名買いで、
税サ込み10005元

UPはなく、予約通りのお部屋。プラチナじゃなくてゴールドだからね。

アフタヌーンティーはサンドイッチと1種類のケーキ。

龍山寺お参り。
夜市で散策
胡椒餅片手に子供がゲームする。
(絶対はいらない輪投げやエビつりななど)

雨が降ってきてホテルへ戻る。

カクテルタイムは充実していて、
パスタを作ってくれたり、中華やサンドイッチ、おいなりさんなどあり。
夕食はここで十分。

翌朝は阜杭豆漿(華山市場2階)
MRT善導寺駅出口5番向かい
へ行き、台湾式朝ごはん

卵はさんだ焼餅と
ゴマが上にあって丸くネギが中にあるパンらしきものがおいしかった。
食事中に長蛇の列になったけど、7時台に行ったら5人待ちだった。

もちろん朝食はしごでシェラトンラウンジに戻る。
ジュースやフルーツいただく。

さてチェックアウトしたら、タクシー150元でW台北に移動だぞ。

写真は
ホテルアメニティ
(小さなロクシタン)
ラウンジ夕ご飯
img_286892_31238695_0img_286892_31238695_1

シェラトングランデ東京ベイ

2012年8月平日に1泊してきました。
料金は42000円(涙)
朝食2名分
TDLチケット2枚付き


この日のホテル公式HP底値は28000円
大人朝食2名分6600円
TDLチケット2名分12400円
を全部+すると、
ホテルの宿泊パックの方が安かった。


SPGのHPでは25000円が3日くらい前まではあった気がするのだけど、
荷物全部発送して、
前日に(さぁて、予約しよっっ)って、
SPGの予約ページみると、舞浜シェラトン満室と。
(えっっ(・・?))
木曜なのに。
慌て、ホテル公式ページ見たら予約可能だったので、高くても取り敢えず予約。
その後も数回チェックしましたが、SPGのHP上は満室のままでした(笑)


さて、このホテル、
ディズニーの入場券やディズニーグッズを購入しても、部屋付けできません。
つまり、ポイントにならないわけで(涙)
ディズニーランドに行く予定ならチケット付きの宿泊料金にするのがBetter(笑)

さて、朝食付きって言っても、
子供(9才2500円、5才2000円)は別料金。
キッズパス(2000円)を2枚購入。
発行から24時間、子供は食べ放題。
チェックアウトしてからも大丈夫なので、チェックアウトの日は鉄板焼へ行ってから帰りました。

お部屋はSPGゴールドのためエグゼクティブフロアにUP。だけどラウンジアクセスはありませんと。

そうそう、だいぶ前に廃止されたみたいだけど、舞浜駅からの無料送迎バスが無くなっていました。

写真は寂しいゴールド用のアメニティ。
コンプお水もなかったよん(涙)
あと、暑さでアスファルトがゆらゆら揺れて見える中、シェラトンからディズニーランドまで歩く私が暑さ記念に撮影した風景。真夏のディズニーランド駐車場は空いていた(笑)
img_285460_31238693_0img_285460_31238693_1

サムイ旅行あれこれ

(ホテル詳細はホテルブランド別の書庫へ)
ホテルはインターコンチネンタルサムイ3泊
メリディアン1泊
W2泊


(サムイ島出発〜帰国)
バンコクエアウェイズは
14時30分発。
ホテルスタッフが、1時間前に飛行場到着で十分、だからホテル発は1時ちょうどね。と。


飛行場に到着したらバンコクエアウェイズカウンター長蛇の列。
出発時間が迫った便名記入プラカードを高く持ったスタッフが叫んでいる。
私達の飛行機も出発30分前になったらプラカードスタッフが回り始めたので、
声かけて優先的にチェックイン。
子供達が疲れきっていたので、バンコクで外に出る予定はなし。
INTERNATIONALの6番ゲートで出国手続き。
空港スタッフが早く早くと待っている。

出国カウンターの斜め左にVAT還付のカウンターが。私が黄色いVAT還付用紙を振り回し、
ちょっと寄りたいと叫ぶと、「バンコクで大丈夫」とせかされる。
みんなに迷惑かけても悪いので、スルーして飛行機へ。
(バンコクではイミグレ前にスタンプもらって、イミグレ後に還付カウンターに並んで、面倒なはずでは?大丈夫か?)
って頭をよぎりましたが。


さて、バンコク到着
夜22時25分まで暇。

子供達が最終日には食欲が無くなるほどくたくたに疲れていたし、
主人は重いカメラやコンピューターを手荷物にしていたので、空港の中で過ごすことにしました。


胸に国際線乗り継ぎシールを貼っているので、
同じシールの人が行く方向にトコトコ。
手荷物検査の手前で空港スタッフがハイ、こっちこっち
と案内してくれました。


靴脱いで、セキュリティチェック。
バンコクエアウェイズ機内食から持ち出したお水、
バックに入れて15分後に捨てることになる。
(行きと同様、学習してない私)


3階から4階に上がり
空港探検、
バーガーキング、
マッサージ、お買い物、
VATカウンター
軽食食べながらボーっとしていたら
9時過ぎ。
子連れは色々やること遅いので、時間が余ることは無かった(笑)。


(今回の旅行の失敗)

・帰りのBKK空港のVAT還付は無理だった。

スタンプが無いとカウンターで取り合ってもらえず。
乗り継ぎなんだから、外でスタンプもらえないでしょ!
と主張するがダメ。
んじゃ、私はどーすればいいんだ?と逆に質問すると、サムイで手続きすればよかったと。ちっっ
サムイのスタッフがここでできると説明したと噛み付いたけどダメでした(涙)

・主人が500TB紙幣と100TBを間違う。
ホテルの無料シャトルバスドライバーにチップとして渡すのに、
私が用意した100TBじゃ少ないと言って、
ポッケから紙幣を出して100バーツ紙幣2枚渡したはずが1枚は500だったみたい(爆)。
赤だからわからなかったと。
タクシー乗ったと思えばいいじゃん(笑)と涼しげ。
買い物やタクシーで値切っている私の努力が…(涙)

初日にローカルなスーパーに行って紙幣価値を教えたのに、全く学習しない主人。


(虫情報)
今回、どのホテルも室内でトカゲに遭遇することはなかった。
でもホテルでは夜になると、ケッケッケ〜やコッコッコッ〜とゲッコー君達が鳴いていた。
よく、アジアの旅行ブログで夜の電灯に群がる虫達や窓辺の巨大な爬虫類を写真付きで報告していることがあるのでビビっていましたが。大丈夫。
ってか、
なんでこんなにいないのか不思議だった。
強力な殺虫剤散布してんのかな?
特にWなんて山を切り開いて作った環境なのに。

(遭遇した虫達)
街中に15センチくらいのトカゲ達
街中レストランにゴキブリ
メリディアンとWの屋外シャワーの壁に15センチくらいのトカゲ
Wの室内によくアジアで見かけるものすごい小さい赤いアリ達

許容範囲なので助かった(笑)



そうそう、
W、1泊×2にしたら、滞在数2になった。
ラッキー。


長文にお付き合いいただきありがとうございます
(ペコリ)

Wホテルサムイ その5

(まとめ)

正直、一度宿泊して、
「ワォー、すごぉ
とびっくりすれば十分な気がする。

普通のリゾートホテルの3倍価格だからって3倍感動する訳ではないし。

インターコンチネンタルのスタッフの方がフレンドリーで私は落ち着きました。
景色も良かったし。

残念だったこと
帰りの飛行場までの送迎を頼んだら、
7分くらいしか乗らない短距離なのに、800TBだった。
(ホテル前にタクシー待機してないからしょうがないか)
(今回乗車した一番高い送迎)

主人がミニキッチンにあった有料ミネラルウォーター開けてしまい、
チェックアウト時に正直に?「間違って子供が開けた」と申告したら、
しっかり350TB加算して請求書を再作していた。
無料のミネラルウォーターが部屋のあちこちにゴロゴロ転がっていたのに、
なぜかキッチンにあったミネラルウォーターは有料(笑)


次回はSPG修行で最後に1泊だけすればいいかな(笑)
「修行」っていうかな(・・?)

写真は
自分たちの部屋のプール
ホテルプール
私達のお部屋
(一番前方にあるプールを囲んで建物がある敷地)
img_286892_31238617_0img_286892_31238617_1img_286892_31238617_2

Wホテルサムイその4

(朝食)

洋食ビュッフェ
セミオーダー式で麺類、卵、パンケーキ、など作ってくれます。
パンの種類も豊富で迷っちゃう。
クロワッサンの焼きたて希望とお願いしたら、横から温かいものを出してくれました。


(お部屋バスルーム)
巨大なバスルームで、
屋内シャワーと屋外シャワー、
丸い2人用バスタブがあります
白いバスタブにお湯を入れていたらほうじ茶みたいな色のお湯だったので、
日本から持参した入浴剤を入れて子供達をごまかしました。


(その他)
チャウエンまでの往復無料送迎サービスが1日3回あります。


写真は
バスルーム、バスタブと屋外シャワー
寝室
朝食の風景
img_286892_31238605_0img_286892_31238605_1img_286892_31238605_2
初めまして
  管理人「山桜」

 ホテルと温泉が大好き♪
 オタク系主人+男児2名
 加圧トレーニング3年目

お願い
ホテルの状況は常に変化
(up状況・ラウンジ内容など)
ご参考程度に・・・♪

ホテルの本



楽天市場