山桜のホテル日記

長男中2野球部、部活か旅行で悩む休暇(笑)

サムイ島

準備中です。

ドバイは準備中

準備中です。

リッツ・カールトン香港 その1

シェラトン香港1泊 
W香港1泊 
リッツ・カールトン香港1泊 

リッツ・カールトン香港 その1

クラブフロアが快適みたいなので、指名予約しようと思ったら、1部屋10万近いので却下。 
一番お手頃部屋予約、ラウンジアクセスを1ルーム1800香港ドルで追加手配しました。 

途中、なんとか安くできないか、色々考えたけど無理。 
ステイタスマッチでユナイテッドのゴールドゲットして、クロスなんとかシステムでマリオットのゴールドにもなりましたが、 
マリオットのラウンジアクセスが付いても、 
リッツ・カールトンのラウンジアクセスは付かないんですね。 
よく調べてからステイタスマッチすればよかったなぁ。 

結果、リッツ・カールトン香港に安く宿泊するには、 
キャッセイパシフィックのツアーでリッツ宿泊をチョイスして、 
(できれば)現地でラウンジアクセス追加手配が最安値かと(エコノミーでリッツ2泊で合計78000円)。
今回3名はマイルですが、2名は有償。 
で大人AIRチケット7万+リッツは1部屋5万以上。 
夏休み旅行個人手配って割高ですよね。 
はい。行き先香港がNG。反省。 

ま、春休みに続き実家両親と子供達との3世代旅行だから、今回は特別。 
世界一高い屋外プール76階と高層階ホテル 
(103階レセプション クラブラウンジ116階)に連れて行き、びっくりさせたかったんだ。今は抜かされちゃって1番じゃないみたい。 

また両親結婚50周年もお祝いしちゃいました。 

リッツには、日本人のスタッフが常駐。チェックインしたら、すぐに携帯で呼び出されたようで、チェックイン作業を交代してくれました。 

ラウンジは朝、ランチ、アフタヌーンティー、カクテルタイム、デザートタイムと5回のフードプレゼンテーションがあります。 
24時間ワイン8種類、ビールやソフトドリンクいただけます。 
深夜は専用カードキーをかざして潜入。 
スタッフが在中の6時〜23時はシャンパンもOK。 

到着してすぐにラウンジにて、 
アフタヌーンティーの3段重ねと紅茶やシャンパンを頂きました。 
ホテル内のラウンジのアフタヌーンティーは週末予約困難。 
クラブラウンジなら、スコーンだけあと3つ追加のわがままもできるから、素敵。 
シャンパンもどうぞだって(笑) 
写真はラウンジのアフタヌーンティー 
部屋からの景色 、117階プール
625d182f27de81ca01b268182f27de81cf013272182f27de81c601
 

W香港その2

シェラトン香港1泊 
W香港1泊 
リッツ・カールトン香港1泊 

W香港その2

世界一高い場所にある屋外プール利用目的で宿泊。 
プールとジャグジー写真
618bf27137de819a017ae1027137de819b01


W香港その1

シェラトン香港1泊 
W香港1泊 
リッツ・カールトン香港1泊 

W香港その1

世界一高い場所にある屋外プール利用目的で宿泊。 
確か今は2番目になっちゃったかな。 
76階の屋外プール。 
73階のサウナやジャグジーエリア。 

お部屋は香港島サイドにアップの28階。 
目の前のリッツ・カールトンが入っているビルが視界を遮ってます(笑)。 

ディズニーランドに突撃しちゃったので、 
チェックインが19時近く。 
すぐにプールに行きました。 
プールサイドではリゾートのランチみたいに、ハンバーガーやサンドイッチなどオーダー可能。 
また、ジャグジー横の小さなバーでは 
340香港ドルでBBQビュッフェ+アルコール3杯オーダー可能の週末バーベキューを開催していました。 
プールサイドのチェアを陣取り、大人はビュッフェ、子供たちはハンバーガーで香港の夜景と共に夕食しました。 

76階のプールサイドで赤ワイン片手に夜景を見ていた76才の父が、(夢みたいだなぁ)と呟いたのが印象的でした。 

プールサイドのジャグジーは日本の露天風呂並みに高温ですから冬でも入れそう(笑) 
さてさて、 
リッツ・カールトンもWも 
「水着の上にバスローブ+白い室内スリッパ姿」 
でエレベーターに乗り高層階のプールに出向く人多数。 
「ありですか?」と 
リッツの日本人スタッフに直球質問したら 
「ありです」と即答してくださいました。 
なるほど。 
まぁ、見た目イマイチですから、早朝など以外は私はしませんが(笑) 

73階にエステの更衣室も兼ねている 
サウナ(スチームとドライ) 
とシャワーと 
ジャグジーのある男女別のエリアがあるのだけど、 
(朝6時〜夜11時まで) 
宿泊者無料、ルームキーかざして入ります。 
こちらも快適でした。 

シャワールームは裸なのはわかるけど、 
ジャグジーはどーしよ。 
ジャグジー、素っ裸で入るか水着なのか迷います。誰も入ってない場合は素っ裸になるけど、先客がいたら真似するのがいつもの私。 
写真はお部屋と 
73階の更衣室エリアのジャグジー。 
向かいのビルから丸見えかな。
f34e2334127de819401a3472334127de81900153552334127de819d01

 

シェラトン香港 その1

シェラトン香港1泊 
W香港1泊 
リッツ・カールトン香港1泊 
してきました\(^o^)/ 

どこもお値段高めで、 
大陸からの方々大勢で 
びっくりでした。 

シェラトン香港 
タワールームラウンジからの景色が好きなので、タワールーム指定予約。 
(プラチナでもタワー指定しないとラウンジ利用不可) 
一般ルームだと、別にプラチナ用のラウンジがあるらしい。
ネットのブログで読んだけどビミョーなかんじ。 

お部屋は17階。 
インターコンチネンタルがなんとなくお邪魔だけど、
迫力ある香港らしい夜景が楽しめました。 

お部屋が狭いのが残念です。 
初めてアウトドアのプールを利用しました。 
小さいのに深く、一番深い場所で2.4メートル。 
子連れは安心できません。タワーラウンジのアフタヌーンティーは
スコーンかケーキのテーブルサービスになります。 

ビュッフェではありません。スコーンが温かく美味しかった。 
このホテルの先に両替屋ばかりのビルがあり、
その先にスタンダードなんちゃら銀行があって、その隣のビルの中の突き当たりに洗濯屋があります。 

香港は外に洗濯干せないし、室内ではなかなか乾かないので、洗濯屋に出すと便利。 
2回目の利用です。 わかりにくい場所なので、ビル正面の写真をUP

朝食はタワー18階。 
ビュッフェ+アラカルトメニューから1つ選択。 
アラカルトには卵料理やパンケーキ、ステーキなどが書かれていました。 

写真は、 
お部屋 
お部屋からの眺め 
洗濯屋入り口 
日記は私のメモを兼ねていますので、しょーもない写真や話題もありまーす 
318d392a77de819601e191392a77de819201
5193392a77de819e01

Wバリ その2

バリ島旅行
セントレジスバリ2泊 
Wバリ3泊 

Wバリ その2

Wバリ島朝食 
ほとんど、オーダーメニューからチョイス 
ステーキやパンケーキ
12ad332a177de9640162a5332a177de96801
 

Wバリ その1

バリ島旅行
セントレジスバリ2泊 
Wバリ3泊 

Wバリ その1

セントレジスバリ宿泊後、Wバリに3泊 

バリらしさを一切排除したアメリカンなホテル。 
プラチナ用に海側高層階にアップされました。 
正直、W飽きてきたなぁ。 
ラウンジはありません。 

見学客が多く、日中プールにいると
カメラ片手に洋服でうろうろする団体がけっこう出没。 

夕方から海側のバーは音楽ガンガンで深夜まで賑やか。 
こちらも宿泊客ではなく、visitorが多そう。 

入り口のセキュリティは高く、 
車の下の確認や窓開けて、メンバーの確認など複数のセキュリティスタッフが行ってました。 
プールは1つ。ぐにゃぐにゃしていて、リゾートって感じ。 
前の海は遊泳禁止。 

朝食はオーダーも可能なハーフビュッフェ。 
毎回パンケーキをオーダー。 

スミニャックだから、周囲にはおしゃれなレストラン沢山。 
でも金曜日の夜は 
近所の高級フレンチ満席、近所のBIKUというレストランもいっぱい、 
海沿いのイタリアンも満席で、夕食難民になりました。 

ホテルの正面はマッサージ屋さん。 
ネイルサロンが主ですが、全身や足のマッサージもしてくれます。 
代金はタイより高く、日本よりやや安いくらい。 
また、ホテル入り口の隣はコンビニだから便利です。 

レセプションエリアから通りに面しているホテル入り口まではカートで送ってくれます。 

バリには山ほどホテルがあるし、 リピートはないな。 
SPGプラチナお友達情報だと、シェラトンバリはスイートになったみたいだから、 
次回はシェラトンかな。 

写真はWバリ浴室 
ベッドルーム 
部屋からの眺め
e2ae302f177de96201 (1)
a2a8302f177de96401c2b6302f177de96101

 

バリ島の安心ガイドさん(日本語)

バリ島、 
今も各ホテルセキュリティが高いってことは、 
警戒しなきゃってことで、町歩きはガイドさんと一緒じゃないと怖い。  
お嬢様の70代義母と 
元気な小学生男児2名 
「THE・日本人」主人の引率は限界。 

今回お世話になったガイドさんは、1回目 
アクシーバリのワヤンコリンさん。 
バリ島の正装でガイドしていただきました。物静かな、落ち着いた草食系。 
もう一人ドライバーさんの付き添いあり。 
サヌールのおすすめワルンでランチ後、 
芸術村で、布、あた(カゴ製品)、銀製品の工房見学
(買う気がないなら、行くのは止めた方がいい)、雑貨屋1件。 

ウブド近くでケチャダンス 
サヌールの市場見学 

サヌールで生まれ育った 
ワヤンコリンさんの実家近くのワルンで夕食
(このワルンがボクの家庭の味一番だとか) 

チャーター&ガイド料金は、8時間くらいで7千円かな。 
奥様が日本人なので、申し込みや日程相談は奥様とのメールやりとり。 

バリの民芸品めぐりは、買わないと申し訳ないので、正直うんざりだった。 
でも、彼はマージン目的というよりは、バリの伝統工芸を自ら説明していたし、
リゾート王国バリの昔からの姿を見てほしいみたいなぁって、感じだったかな。 


車の助手席からずっと話す時は後ろ向きになり、私達の方を見て、 
バリの文化などずっと説明してしくださいました。 


2回目 
バリクツアーのけんちゃん。 
この方は人気のガイドさんみたいなので、指名しちゃいました。 
Tシャツ&短パン姿で現れ、肉食系代表みたいな人。 

人気の中華「大老」でランチ、 
マサコ石鹸が置いてある在バリ日本人向け高級スーパー 
ローカルな大型スーパー 
マッサージ 
海辺バーベキュー 
に案内してもらいました。 
ローカルなスーパーでは、日本人に人気のお土産を紹介してもらいながら、
だらだら歩きました。 

・ダウニーより強烈な香りのバリの柔軟剤(詰め替えは80円くらい、安い!) 
・石鹸 
・キャンディー「KOPIKO」一袋35円 
など。 
ビーチボーイ系の彼は間違いなくうちの母好み。 
次回は彼、再指名かな。 


ネットで個人手配のガイドさんは不安だったけど、 
特にイヤな思いをする事はありませんでした。 
いちいち、現地タクシーと交渉して、乗車中も気が許せない事を考えると、
7000円くらい安心料なか。 


写真は 
中華「大老」の一皿 
429b332a177de96801


セントレジスバリ その3

バリ島旅行
セントレジスバリ2泊 
Wバリ3泊 

セントレジスバリ その3

ホテルのプールは広く、チェアも豊富でした。 
チェア争奪戦はなく、のんびり皆さん過ごしていました。 
今の季節、一番多いのはオーストラリアからのお客さん、 
次が中国など大陸の方々みたい。 

ジリジリ系の太陽で油断していたら焼けました。 

半日だけ、 
プライベート観光をネットで調べた業者に依頼して、 
ウブド近くのケチャダンス 
ウブド近くの 
銀製品、アタ製品(編みかごなど) 雑貨屋さん、 織物屋さん 

あとサヌールのローカルな食堂(ガイドさんおすすめ)など観光しました。 

私以外はバリ初だったので。 
写真はお部屋のお庭 
お庭にある小さなプライベートプール 
ホテル前の砂浜
4366231147de8e801d362231147de8ec01f369231147de8e301

初めまして
  管理人「山桜」

 ホテルと温泉が大好き♪
 オタク系主人+男児2名
 加圧トレーニング3年目

お願い
ホテルの状況は常に変化
(up状況・ラウンジ内容など)
ご参考程度に・・・♪

ホテルの本



楽天市場